後藤を持ちながら

後藤を持ちながら

吹奏楽から仮面ライダーまで

毛皮の外部委託

こんにちは、トサカです。

最近はようやく気温が安定してきましたね。

雨のせいで過ごしやすいとはいえませんが・・・。

 

先日、こんなツイートをしました。

 

 

このツイートをした日は、ちょうどShionの演奏会に行った日ですね。

avoirgoto.hatenablog.com

 

この日の最高気温はなんと31℃。

これだけ暑かったにもかかわらず、自分は厚手のパーカーを着て演奏会に行くという悪手を打ってしまいました。

家を出た瞬間はまだよかったものの、10分も歩くと汗がにじんでしまう。

そんな状況でした。

 

自分の家から最寄り駅までのルートに、コーギーを飼っている家があります。

その家にはそこそこ広い庭に門がついています。

彼(女)のお気に入りの場所が門の下らしく、いつも出勤中はその格子状の門の下から鼻を出しています。

撫でたい気持ちを心に留めつつ、毎日出社しています。

 

その日も、彼(女)はその庭にいました。
しかし、その日の暑さにやられ、腹を空に向けて完全にダウンしていました。

そうだよなぁ。今日暑いもんなぁ。厚手の服を着てしまった自分も暑いんだ、一緒に頑張ろう。

そんな一方的なシンパシーを感じながら、自分は演奏会に向かいました。

まぁこの日暑かったのは自分が服装選びをミスったせいなんですけどね…。

 

でも、もし自分が犬だったらあっつい日ももっふもふな毛皮を着てなくちゃならない。

逆に、寒い日も少し抜けた毛で体を温めなきゃいけない。

はぁ~三寒四温。春ですね。昨日に比べると多少蒸し暑くないですか。それじゃあ一気に毛抜きましょうか。バァン!

みたいに手軽に毛皮で温度調整できないのはかなりつらいものがあるのでしょう。

そう考えると、毛皮を捨て去り、それらを着脱可能にした「服」という発明を作ったヒトのすごさを思い知ります。

 

昨日はちょっと寒かったですね。

まだワイシャツ一枚で過ごすには寒い時期かな。もう少しだけ、上着を羽織っていたいと思います。

 

ではでは。