後藤を持ちながら

後藤を持ちながら

吹奏楽から仮面ライダーまで

ギュイーンとソウルがシャウトする

こんにちは、トサカです。

今日は6月9日、ロックの日です。

というわけで、今日はロックの名を冠した好きな曲を二曲紹介します。

 

ユニコーン「KEEP ON ROCK'N ROLL」

www.youtube.com

 

大好きな曲①です。

この曲が最高なのは、サビが来るにしたがってビートが大きくなっていくところです。

軽やかなギターとごきげんな8ビートを刻むドラムに乗って、Aメロが進んでいきます。

しかし、Bメロから奥田民生のだらっとした歌声の本領が発揮されます。

普段は「三年二か月の転勤が嫌だ」とか「ぶたはぶただから ぶたごがわかる」とか意味わからん(3年2か月の転勤が嫌なのはわかる)歌ばかり歌っているあの奥田民生が、めちゃくちゃ魅力的に聴こえてくるのです。

そして大サビ。より大きくゆったりとしたリズムで、バンド全員でこう叫びます。

 

KEEP ON ROCK'N ROLL!

KEEP ON ROCK'N ROLL!

欲しい物は ここにある

KEEP ON ROCK'N ROLL!

 

このサビ、いつ聴いても脳天に雷が落ちたような衝撃が走ります。

序盤は明るく軽いごきげんな曲だったのに、ここまでの覚悟を聴かせる曲調まで持っていくユニコーンの熟練さにただただ驚きます。

 

この曲のPV、楽器を暗示するものとかは多いんですけど、実際に楽器を弾くシーンは一か所しかありません。

そして、自分は一番そこが好きです。

曲が最高潮に盛り上がるまさにその瞬間、たった一音でその楽器は世界を大きく変えることができる、そんなことを暗示している気がします。

ぜひどこか探してみてください。

 

www.youtube.com

(ちなみにこんな曲も出してます)

 

Mr.Children「ロックンロールは生きている」

 

www.youtube.com

 

はい一音目から好き~ジャキジャキしたテレキャスターの音が最高ですね。

大好きな曲②です。

ミスチルが好きなのは前にもブログで書きましたね。一か月前のことです。

avoirgoto.hatenablog.com

 

ミスチル、と聞くとポップで色彩豊かな曲を描くというイメージを持っている方が多いと思います。

この印象は間違っていません。でも、ポップな曲を書く人が暗い心情をぶちまけるとどうなるか。

真っ暗なキャンバスに彩度100%の絵具をぶちまけるような曲を描き上げてしまいます。

 

自分の現状に窮屈さを感じ、痛みを必死に隠している。

でも、ロックンロールは君のそばに確かにある。さぁ手を伸ばすんだ。

 

こんな歌詞を激しく、暗く、しかし鮮やかに演奏します。

その疾走感、そして何より想起される彩りにトリップしてしまいそうになります。

 

ライブ版もいいんですけど個人的にはCDのほうが好きです。

Spotifyとかの音楽ストリーミングサービスを持っている方はぜひ検索してみてください。

 

***

 

ロックと名の付く名曲は他にもたくさんあります。

くるりのロックンロールとか神聖かまってちゃんのロックンロールは鳴りやまないっとか…。

 

今日は久々にバンドの音楽がっつり聴こうかな。

 

ではでは。

 

1:00:09