後藤を持ちながら

後藤を持ちながら

吹奏楽から仮面ライダーまで

カラダ改造計画 ~ぼくの理想~

こんにちは、トサカです。

私事ですが、体重50kgを突破しました。やったぜ。

健康診断で体重を計ってみたところ、50㎏を突破していたことが判明しました。ちなみに身長は164cm、ぎりぎり適正体重です。

健康診断の用紙にはばっちり「お前は細い、運動しろ」と書かれていました。これでも太ったほうなんですけどね…。

 

f:id:avoirGoTo:20180628064446j:plain

 

これは、全身が筋肉の鎧でおおわれている後輩と腕相撲をした時の写真です。

奥の白くて血管が浮いたほっそい腕がぼくの腕です。遠近法も相まって頼りなさが爆発していますね。ちなみに結果は、ぼくが全身全霊をかけて力を込めても、彼の腕はピクリとも動きませんでした。

現在ぼくはデスクワークをしています。いまのぼくが急に転職をして、毎日身体を鍛えるような仕事につく可能性はほぼゼロ。つまりこのままの生活を続けていると次第にやせ細っていってしまい、最終的にはホラーマンのようになってしまうかもしれない…。

 

危機感を抱いたので、実は4月から筋トレを始めています。

腹筋、スクワット、腕立て伏せ、それぞれ20×3回ずつを毎日取り組んでいました。

先週は地震の影響で、「すぐ逃げられるために体力を温存しなきゃ!」とアホなことを考えていたため、サボっていたのですが、今週からまた取り組んでいます。

しかし、一週間サボってやってないだけでえらくきついですね…。

筋トレがあまりにもきつすぎて、頭の中が幼稚園児に戻ってしまいます。3セット目あたりから数もまともに数えられなくなります。「8…9...ううきっつ…。9...」のように、ろくに10まで数えられないくるくるパーになってしまいます。

 

では、筋トレの効果はきちんと出ているのかと問われると、それはよくわからないんですよね。確かに筋トレをする「体力」はついていると実感できるのですが、これがほかの活動に活かせる体力なのかが全然わからない。

相変わらず腕は細いし体重は増えている気がしない。

 

おそらく、まだまだハードなトレーニングをしないとむきむきにはなれないのだろうと推測できます。ただ、現在よりも回数を増やしてしまうと、筋肉痛のために箸よりも重いものが持てなくなる「箱入り婿」状態になってしまうのが容易に想像できます。

とりあえず、現在の目標はいまやってるトレーニングを涼しい顔で終わらせられるくらいの境地への到達です。頑張ります。

 

そして、適正体重まっしぐら人間になることが、ぼくの理想です。

 

ではでは

 

45:54