後藤を持ちながら

後藤を持ちながら

吹奏楽から仮面ライダーまで

か~もんべいべ~アメリカ! 吹奏楽に合うのか?

こんにちは、トサカです。

 

国民みんなが歌えるような曲が少なくなった現代。そんな音楽業界の中で、今年のメガヒットソングを決めろと言われたら間違いなく多くの人がこの曲を推すでしょう。

www.youtube.com

か~もんべいべ~ アメリカ!でおなじみ、DA PUMPの「U.S.A」です。暇を持て余したちびっこくんが、この曲のサビを歌い叫びながら元気よく踊っている姿をショッピングモールの休憩所なんかでよく見かけます。

そのダサ…先鋭的な衣装やPVに度肝を抜かれて、何回も聴いているうちにいつの間にかはまってしまう。そんなループに落ちてしまった人が少なくないようです(ぼくもその一人)。

ちなみに、こんなに「先鋭的」な格好をしているのにはちゃんとした理由があります。詳しくはこのブログに書かれてあるので読んでみてください。

 

www.jigowatt121.com

さて、ぼくは吹奏楽で打楽器を演奏しています。当然、こういった「多くの人に耳なじみのある曲」もたくさん吹奏楽で演奏してきました。

昔のぼくも含め、わりと大学まで吹奏楽を続けてきた人たちはこういった「編曲ポップス」を避けたいと考えているように見えます。吹奏楽の良さを存分に生かした岩井直溥真島俊夫の書いたポップスをしたいという態度もまあわからんことはないです。

がしかし、やっぱり客席で「耳なじみのある曲」が流れると周りの空気が変わります。クラシックばかりで少しだれ気味だった会場に大河ドラマのOPが流れだした途端、みんな前かがみになって聴きだした演奏会のことを思い出します。やっぱり「知ってる曲」というのはそれだけで充分求心力があります。観客のことを考えるのなら、そこを無下に否定はできないと思うのです。

 

そういった「耳なじみのある曲」のなかでも「吹奏楽で仕上げやすい曲」と「そうでない曲」があります。先程述べた大河ドラマは言わずもがな、バンドサウンドを主体にした明るめのJ-POPなんかはかなり吹奏楽になじませやすいものだと思います。この辺りは編成を柔軟に対応できる吹奏楽の強みですね。

 

では、今回話題にしている「U.S.A」はどうか。

これは最悪レベルの噛み合わなさです。ぜっっったい吹奏楽に合わないのです。電子音楽吹奏楽は水と油。全くかみ合わないのです。

 

この曲に限らない話ですが、テクノポップの神髄は「音の物量」です。

この曲ではギターやシンセ、人力では難しいであろう音数のドラムがそこかしこで聴こえてきます。電子音が多すぎて、一回聴いただけではその音の物量に押し流されてしまうでしょう。その物量の多さによって高揚感が生まれます。そして、そのこまごまとした音がたくさん聴こえてくるほど、人は「そうではない音」、つまりISSAの歌声に耳を傾けます。そのド直球なメロディーに、人々はぐっと心をつかまれます。

 

(わき道)

そもそもテクノポップを「ガッツリ歌もの」として売り出す人たちってそんなにいないと思うんですよね。変な髪型をした三人組のお兄さんYMOをはじめとして、電気グルーヴPOLYSICS中田ヤスタカプロデュースのPerfumeきゃりーぱみゅぱみゅ岡崎体育など、ちょっとかわったアプローチの人が多い印象です。

小室哲哉はここを上手く両立してますね。テクノとしてかっこいい打ち込みと、わかりやすく癖のない音楽がそこにあるように思えます。なんで引退したんじゃ…。

(わき道終わり)

 

さて、このこまごました音を吹奏楽で再現するとどうなるか。

この曲の良さを完全に殺してしまうのです。

電子音だからこそ無機質に鳴らすことができるのです。あの音楽をそのまま人力でやろうとすると、かなり力んでしまいます。こまごまとした電子音が「吹くべき連符」になってしまったとき、そこにはどうしても「必死さ」が生まれてしまい、この曲の持つ均等な高揚感や無機質さが死んでしまうのです。

特に冒頭の「C'-C'-C'-C'-C'-C'-C'-C'mon, baby 」というところ。あれを吹奏楽でやるとただのタンギングの基礎練になってしまいます。あそこは電子音の「ブツ切り」という魅力があってはじめて成り立つ箇所なのです。

 

では、この曲は演奏してはいけないポップスなのか。そうではありません。

www.youtube.com

 

この譜面はかなりいいです。

吹奏楽が苦手とする打ち込みというジャンルから、がっつりロック調の曲に変貌しているのです。一番のサビには原曲で特徴的だったこまごまとした音なんてほぼなく、ガッツリバンド全体でコードを吹きまくっています。ドラムの16ビートも合わさって「やたらと勇ましいブラスロック」にその姿を変えています。曲終わりにはもはや原曲が迷子になってしまっているほどの勇敢さがあり、大胆な編曲にゲラゲラ笑いながらそのカッコよさに思わず手を握り締める自分がいました。

 

こういったアレンジを聴くと、まだまだ編曲ポップスも捨てたもんじゃないなと思います。

というわけで、ロケットミュージックから発売の「U.S.A」。演奏会のアンコールなんかにいかがですか?

www.gakufu.co.jp

ではでは。

ダメと言われたい

こんにちは、トサカです。

 

昨日は友達と遊びに淀屋橋に行きました。カラオケです。最後はガラガラ喉になってしまったので、むりくり激しい曲を歌いまくっていました。楽しかったです。

 

さて、淀屋橋と言えば大阪有数のオフィス街です。住友銀行日本生命などの名だたる企業のおっきなビルが立ち並びます。多くのビジネスパーソンで平日はあふれかえるらしいのですが、日曜の午後の淀屋橋は呑気に散策できる街でした。西洋風のレンガ造りの建物も多く、歩いて楽しかったです。

が、さすがオフィス街。そこはかとなくぴりっとした緊張感がありました。

 

一番その緊張感を感じたのは、地下鉄淀屋橋駅の近くにある本屋に足を運んだ時です。

エスカレーターを登った先に本屋がどんと構えてあり、自然と店先が目に飛び込んできます。そのエリアには、ここで売れている書籍がずらりと並んでいます。

 

この構造自体はよくあるものなのですが、そこに並んである本がなかなか「圧」が強いのです。すごい企業の法則とは。できる営業になるためには。残業をしない働き方をするためには。これをしなさい。あれをするな。あれはダメこれはいい…。とにかく、ビジネス系の、それも結構断定口調のタイトルの本が目立つところに置かれているのです。

「本屋のレイアウトには世の中のトレンドが眠っている」という言葉があります。まぁここで言うトレンドはあくまでも「本を買う層」のものなので100%真実というわけではありませんが、それでもその街の個性であったりその本屋の信条が見えたりするので、本棚のレイアウト方法を書店ごとに見比べるのは結構おもしろいです。

淀屋橋の、それも駅からかなり近い本屋にわざわざ家族で来るような人はなかなかいないでしょう。客層を考えればビジネス系の本がたくさん並んでいるのも納得です。しかし、その本棚を見たときぼくは少しビビってしまいました。

 

ぼくは本を買うとき、自分の中で「何か変わるかもしれない」という気持ちを抱きながら買います。これまでの自分にはなかった人生の楽しみ方や問題の解決策、あるいはもっとクリティカルに心にヒットする「何か」を期待します。

これは本に限らずあらゆるものに対してぼくが期待していることですが、特に文章ならばその「何か」に至るまでの描写が丁寧になされているので、その「何か」を見つけやすいのです。

とは言ったものの、別に「変えよう!!!自己変革サイコー!!」という意識は持ってません。ぴぴっときた本を手に取って、面白そうなら買う。んで「なんか変わるかもな~」なんて淡い期待を抱く。これくらいの心持ちです。おそらく一冊の本で人生観ががらりと変わること自体「まれ」ですし、一冊の本でがらりと変わってしまうほど自分はやわじゃないと信じています。信じたいなぁ。

 

そういった「ほどほどの期待」を抱いているぼくにとって、なかなかあの本屋は居心地が悪かったです。なぜなら、あそこに並べられていた本は「お前はダメだ」という趣旨のタイトルの本が多かったからです。

自分に、もしくは自分の環境に不安や不満がある。しかし、それをどのように打開すればいいかわからないという人たちのための本がものすごく多いのです。あの企業に習おう。こういったスキルを身に付けよう。こんなことはしちゃダメ。これこれをしなさい。それらの本のタイトルを見ていると、「ダメ」と言われたい人々と「ダメ」と言いたい人々の需給が釣り合っていることを感じます。

自分の中に明確な、しかもマイナスな思考である「このままではダメだと言われたい」という欲求があって、その欲求を満たすために本を読むという行為は、お気楽な自分にとっては結構驚きです。(だって読書って娯楽として楽しみたいやん…。)

ただ、自身の弱いところの解決策を、少なくとも本を書ける程度には体系化してある先人に頼るという手段は間違いなく有用です。淀屋橋にはそれをきちんとできる人が多いことがわかります。かっこいいなぁ。あと十年くらいしたら、ぼくもそういうことができるようになっていたいですね。

 

 

ではでは

あいたたた こしがいたい

こんにちは、トサカです。

 

身体が最近不調続きなので、ブログ更新の頻度を落とします!

帰ってからもパソコンとずっとにらめっこしていると、腰、目、肩、歯にそのしわ寄せが来ます。そこで、しばらくはほどほどに文を書いていこうと思います。

これからも「後藤を持ちながら」をよろしくお願いします。

 

ではでは。

アジの缶詰と新しい世界

こんにちは、トサカです。

 

アジカン。味の缶詰ことアジアンカンフージェネレーションというバンドが好きです。ボーカルのゴッチこと後藤正文と、初見では絶対に顔を見分けられないギタリスト、ベーシスト、ドラマーの四人で構成されています。

味の缶詰という名前の通り、さっぱりとしたサウンドが特徴です。ゴッチのごてっとした歌い方や、伊地知さんのなかなかに変態じみたドラムさばきなど、こってりしそうな要素はたくさんあるのに、この四人で音を作ろうとするとなぜか淡泊でクセのないサウンドとなります。この辺の上手さはサウンドをまとめ上げる人の手腕なのでしょう。非常に好みです。

 

アルバムとしては「マジックディスク」が好きです。初日当初はわりとファンの人からも疑問におもわれてしまっていた内容なのですが、自分は結構好き。淡泊と疾走感が全てだと思っていたアジカンが真剣におもちゃで遊んでみたようなCDです。このアルバムを経てアジカンの曲がよりカラフルになったように思えます。

このアルバムを発表したあたり(ちょうど新世紀のラブソングを出した頃かな?)に、ゴッチが「情報をなるべく多く乗せるためにラップのようなアプローチを仕掛けていきたい」と語っていました。当時は新世紀のラブソングの斬新なアプローチを前に「すげぇ!」と感心していましたが、今の彼らのストレートにメロディを歌い上げる路線の方が似合ってると思います。でも、新しい曲にこの時期の遊びの影響が各所に見出だすことができて楽しいです。(そして、新世紀のラブソングは名曲であることに変わりはありません)

 

一番好きな曲は「新しい世界」です。

ぱりっぱりの音が鳴るギター、ぶいぶい言わせるベース、火花のように激しく燃えるドラムの16ビートがこの曲を加速させていきます。イントロからもう最高。

歌詞のテーマとしては割とよくある「型にはまるのではない。自分の道を往け」というものなのですが、テーマへの迫り方が本当に大好きです。ゴッチは自分の住む世界である音楽の枠組みの中で、このテーマに至ります。

大声で叫べばロックンロールなんだろ?

そんなクソみたいな話はもうたくさんだよ

それがなんなのかなんてどうだっていいから

目の前の景色を全部 塗り替えるのさ

という風に、ロックンローラーなら一度は考える「ロックの定義」についてAメロで考えさせます。しかし、あっさりが持ち味のアジカン、Aメロ内でさっさと解決し、次のステップへ進みます。

 

退屈な夜はAのコードを

三角形でかきむしれば

指先 開放二弦の刹那と

想像力で 世界が変わる

ぼくはこの曲でここが一番好きです。

ギターを弾いていることが最初の方で分かります。そして、ピックのことを「三角形」というほどにしか捉えられないほど、弦を弾く感覚が研ぎ澄まされていくゴッチの「集中」を、イヤホン越しに追体験することができます。

自分にとって手垢にまみれているはずの武器(ギターやピック)をぼんやりとしか認識できなくなるほど没入し、その感触をじかに感じたとき、そしてそこに想像力をうまく乗せられた時、世界を変えられる。

ここを初めて聴いた時はぶっ飛びました。シンプルだけど難しい。難しいけれど、ばっちり目が覚める。そんな曲です。

 

というわけで、皆さんも鯵の缶詰、ぜひ食べてみてください。

 

ボーイズ&ガールズ

ボーイズ&ガールズ

  • provided courtesy of iTunes

 

 

ではでは。

鋼の意志

こんにちは、トサカです。

 

昨日は目の調子が悪かったので急遽休暇を取り、一日家でぐったりしていました。ふとした瞬間に焦点が合わなくなるのです。疲れがたまるとこうなってしまうので、午前中はひたすら寝ていました。

午後はまずまず元気が出たのですが、何もできませんでした。本を読んでも文字が滑ってしまい、録画したドラマを見ようとしても上の空になってしまいます。仕方がないので、何も考えなくてもできる水回りの掃除をして、家の中をひたすらウォーキングしていました。家中ウォーキングは心を無にすることができるのでおススメです。

 

自分が老いてしまった時、おそらくこういった時間が増えるのだろうと考えると憂鬱な気持ちになります。何かをするほどの知的体力はないが、何もしないには長すぎる時間が増えていくことが予想されます。給料が据え置きで定年だけが伸びるという話が昨今盛り上がっていますが、仕事をしていくうちはこういった時間も減るんかな。なんて思っています。

ここまで書いて、自分の祖父のことを思い出しました。

 

厳格な人でした。

箸の持ち方が汚かったぼくを、帰省するたびに叱りました 。夏休みの絵の宿題が終わるまで寝させてくれず、泣きながら絵具を混ぜていた記憶があります。

その一方で向上心が強く、常に何かを学んでいます。わが家系で(たぶん)一番早くPCを使い始めたのも祖父です。まだWindows2000が出回り始めたころにノートPCを買い、ネット回線を使ってオンラインで囲碁にいそしんでいました。

この間帰省をした時には英会話教室に通い始めたと報告してくれました。祖父の机の上には単語帳とNHK英会話教室の教材がどっさりとのっていて、一緒にご飯を食べに行った際も単語帳に目を落としていました。教室内では自分が一番年長だから、耳が遠くて先生がなにをいってるのかなかなか聞き取れんわと楽しそうに笑っていたのが印象的です。

 

すくなくともぼくは、多くの人と同じように楽な方に流される人間です。このまま生きていくとそれだけで知的体力が漸減し、刺激の少ない、けれども疲れることもない生き方を選択するだろうと思います。しかし、祖父のように新しいものを取り入れることを選択できる強さを、老いていく中で身に付けていきたいな、なんてことを考えた休日でした。

 

ではでは。