後藤を持ちながら

後藤を持ちながら

吹奏楽から仮面ライダーまで

記憶を失ったヒーロー ~アクセスコードは②~

こんにちは、トサカです。

 

グリッドマン第2話「修・復」、面白かったなぁ…。

というわけで、飽きもせず今日もSSSS.GRIDMANについて書いていきたいと思います。第1話の感想はこちら。

 

avoirgoto.hatenablog.com

第2話では、主題歌が解禁されました。ヒーローが悪に立ち向かっていく超絶王道のオープニングに、ぼくがそのシーンに出会ってしまったら見つからないようにその場を離れてしまいそうなくらいに、メインヒロイン二人が仲良くしてるエンディング。どちらも爽やかさの中に熱を持っていて、すごくいいです。すごくいいんです…。

また、謎だらけだった1話から少しだけ物語も進展しました。街に怪獣を送り込んでいる「武史くん」ポジションが誰かが判明し、「修復」されたものとされなかったものの線引きがだんだんとわかってきました。果たして失われたものはもう帰ってこないのか。主人公たちはどのように物語に救済を与えるのか。今からワクワクしています。

www.nicovideo.jp

さて、第二話でも街が怪獣に襲撃されます。「グリッドマン同盟」である主人公たち3人にとっては「二回目」の襲撃なのですが、怪獣を前にとった彼らの行動がなかなか興味深いものとなっています。

まずは内海君。彼はもともとウルトラマンシリーズが好きということもあってこの怪獣という非常事態を「非日常」として楽しんでいます。裕太が街を救うグリッドマンに変身したところをみてはしゃいだり、ノリノリで怪獣が現れた謎を「解き明かす」という言葉を使ったりなどからその興奮っぷりが伝わってきます。

続いて六花ちゃん。クラスメイトが「修復」されなかった事実にショックを受け、これ以上何も壊されてほしくない、だからグリッドマンには戦ってほしいと願いながらも、裕太が変身してその身を危険にさらすことにも否定的です。戦いが終わった後真っ先に友達に電話をかけ、その無事を確認して安堵する姿を見てこちらもなんだかほっとしました。

怪獣とそれを倒すヒーローがいる現状を楽しむ男の子と、手の届く範囲の心配を真っ先にする女の子。キャラクターのデザインや声は少し大人びてはいるものの、その行動は少し青くて昔を思い出します。ただ、主人公である裕太だけは少し違います。

記憶喪失で、これまでのことを何も覚えていない裕太。彼は怪獣が出たとき、真っ先にグリッドマンに変身するため、ジャンクに向かおうとします。そのあまりにもさらりと自己犠牲をやってのける態度に内海君はかなり動揺し、いったん彼を引き留めますが、裕太は淡々と「ぼくが戦わなくちゃいけない」と諭します。その強引さと新キャラのサムライさんの説得により、六花ちゃんもジャンクに向かって走ります。戦う覚悟を決めた六花ちゃんの顔が非常に凛々しくて、この回で一番好きなシーンです。

たった三人にフォーカスを当てても、怪獣という現象に対し全く違った反応を見ることができます。このシーンを見てぼくは、このアニメが真摯に「怪獣」と向き合っていることを再確認できました。

 

さて、「記憶喪失」であり、「自己犠牲により正義を執行する」裕太ですが、ぼくはこのキャラ設定に既視感があります。ついこの間もこんな話を観たぞ…。

www.youtube.com

そう、てぇんさい物理学者の桐生戦兎です。

仮面ライダービルドの主人公である桐生戦兎は「ラブ&ピース」の名のもとに戦うのですが、気のいい喫茶店のマスター「石動惣一」に拾われるまでの記憶が存在しません。仮面ライダービルドは、桐生戦兎の空白の二十何年かの記憶はどこにあるのかを探していくうちに、巨悪と戦わなければならなくなるという話です。

 

彼も記憶喪失であり、また自己を厭わず愛と正義の名のもとに戦うヒーローでした。

この二点において、二人はよく似ています。危険であると知りながらも変身し、人々を守るために戦う。危ない領域に陥ってまでも自己犠牲を行っている人をぼくは陰で「サイコパス善人」と呼んでいるのですが、まさにこの二人はそう呼ぶのにふさわしいような造形をしています。

avoirgoto.hatenablog.com

桐生戦兎の自己犠牲っぷりはこちらの記事でも書いたのですが、そのときにぼくは「アイデンティティの欠落」が善人サイコパスっぷりを加速させているのではないかと推測しました。記憶を失い、身元もわからないので積み上げてきた人間関係がないから自己を上手く定義できない。だから自分の方が無茶できると考えていました。

 

でも、グリッドマンの裕太を見て少しだけ考え方が変わりました。彼らにとって、自分が必要とされていると一番実感できる時間が「ヒーローに変身している時」なのです。

 

裕太の家族は今近くにいません。三か月ほど両親が海外へ旅行に出かけているそうです。(街の被害の受け方を見ると、彼の両親に対してあまりいい想像はできないですが…。)自分のクラスにいれば一応他の生徒から声はかけてもらえます。しかし、ほどほどの付き合いをしているからかクラスに対する帰属意識はあまり高くないと思えます。つまり、密な関係を結べているのは上に挙げた二人、つまりグリッドマンとしての活動だけなのです。

今のところ、街を救うことができるのはグリッドマンと融合変身できる裕太だけ。彼がいないと実体化できないため、グリッドマンはただただパソコンの中で喋るおじさんになってしまうのです。つまり、彼がやらねば街は壊滅してしまうのです。記憶喪失の状態でいきなりこんな状況だけを手渡されたら、そりゃあ「変身」しちゃいますよね。自分が記憶を失うことで社会とのつながりが断絶された時に、こういった「使命」を与えられたら、多くの人がその「使命」に入れ込んでしまうと思います。

ちなみに、仮面ライダービルドでも桐生戦兎が平和のために戦うという「使命」が与えられますが、そこに没頭せざるを得ないところまで彼を追い込み、自分の野望のために諸悪の根源が主人公を利用するという展開でした。裕太には戦兎くんのようにその純粋で狂気的ですらある善意を利用されないよう気をつけてほしいです。いやまじで。

 

さて、巨大化した特撮物では敗北は許されません。ヒーローの敗北は街の壊滅と同義です。

今日の夜から放送されるグリッドマン第三話、タイトルは「敗・北」。どうなるか楽しみです。

 

ではでは。

悪の定義

こんにちは、トサカです。

 

神 :最低でも240万

悪魔:10

 

これは、聖書の中でそれぞれが殺した人の数です。さらに、これに加えて神は洪水や飢饉、疫病などにより間接的に人を殺しまくっているので、この数値はひょっとすると10倍程跳ね上がる恐れもあるそうです。当時の人口を考えると、とんでもなく大規模な殺戮だったことがわかります。

数だけを見れば神の方が「悪」だと思われますが、決してそれは殺戮を行いたいという身勝手な理由ではなく試練のニュアンスが強いのでしょう。しかし…。

 

今読んでる本で、「悪という気持ちを抱いたまま人を殺すことができる人は少ない」という話がありました。自分が悪であることを自覚している人は多くの人を殺せないし、そこまで悪いこともできない。自分の行いを前にして挫折してしまうそうです。

逆に、自分が正しいことをしていると感じているなら、人はどんなことでもできるとその人は語ります。反論してきたひょろひょろの同級生を殴ってもいい。なぜなら彼は俺に口答えしてきた「悪」だから。戦場に立つ相手をはちの巣にしたっていい。なぜならこれは正義の名のもとに「悪」を駆逐しなければならないから。地下鉄で毒ガスをばらまいてもいい。なぜならこの世界の「悪」を我々の手で浄化しなければならないから。

自分のやっていることが「正義」の名のもとに正当化されていれば、自身の行いに対する重石、または自制心がふっと取れて心も体も軽くなります。その状態を、人は「悪」と呼びます。

 

アメコミ好きの友だちが、「マーベルの悪役は自身の信念に基づいて行動を起こしているから、自分のことを悪だと思っていないところが好き」という風に語っていました。この話を聞いてぼくは、あらためて「悪とは何か」を考えています。

たぶんぼくの中での「悪」の源流は、「魔人探偵脳噛ネウロ」に出てきた「シックス」だと思います。人を殺す兵器を7000年にわたって作り続け、跡取りを「悪意の強さ」で決めてきた結果生まれてきた「新しい血族」の申し子。新生児だった彼に剃刀を持たせれば同じ部屋にいた他の赤ん坊を全て殺し、わずか五歳で両親に手をかけます。人に不快感と絶望を与えることを生きがいとする彼に、主人公たちがどう立ち向かっていくのか。胸のあたりをずきずきさせながらもリアタイで読み切りました。

 

「悪いことをする」ことを自身の生業とし、その重荷に平然と耐えられる人や組織を「純粋なる悪」と呼ぶならば、最近ぼくが触れた創作物では仮面ライダービルドのラスボスくらいです。という風に考えると「不純な悪」には、裏に悲しげな過去や理路整然とした理由があります。では、純粋な悪と比較した場合に不純な悪は許されるべきなのか。その人自身から見れば立派な正義であるその行為は、どこまでが正義と呼べるのか。

 

この辺を考え出すと本当に夜眠れなくなってしまいます。そして朝が辛い。

なので今日はこの辺で考えるのをやめようと思います。もう少しこの話が熟成したら、また書こうと思います。

 

ではでは

魔法使いにはなれないけれど

こんにちは、トサカです。

 

技術の進歩が速すぎてついていけません。

例えばこの「wild cat」。ボストンダイナミクス社の発明です。

www.youtube.com

重厚感のある起動と、それに見合わぬちょこちょことした走りのギャップがすさまじいです。最初にこの動画を観たときはその奇怪な動きがツボに入り、だいぶ笑っていたのを覚えています。これが2013年の発明です。

 

ぱっと見奇妙なロボットを作っていたこの会社は、現在「バク宙できる人型ロボット」を作っています。

www.youtube.com

凄すぎる。

もちろん重量級の巨体でありながら綺麗にバク宙を決めるさまもかっこいいのですが、それ以上にぼくはこのロボットが「人のような挙動をする」ところに驚きました。半回転のジャンプを行った時の腕の使い方や、バランスが崩れかけたときの足の置き方があまりにも「人間なら無意識に行ってしまう身体の動かし方」なのです。

こう考えると、先程挙げたwild catも、起動方法が奇妙なだけで走り方はまさしく猫です。生物の動きを機械にトレースするという点では、ずっと変わらないことをやってきているのですね。すごい。

 

例えばこのAdobeの新機能発表でお披露目されたこの機能。

鼻歌を歌うだけでその音程を読み取り、楽器の音に変換できるというものです。

恐らく音楽を作る立場の人たちにとっては、これまでよりももっとカジュアルに楽しむことができるようになるのではないかと考えられます。なんか知らないあいだにいろいろなことができるようになっていて、世界が少しずつ広がっているのです。

 

ぼくが「技術の進歩は速い」と思うのは、「親戚の子は育つのが速い」ことと同じ仕組みなのだと思います。時々しか会わないので、その対象への印象が昔のまま更新されていないのです。いつまでたっても甥っ子は一歳児のままの印象であるのと同じように、いつまでもぼくの中のボストンダイナミクス社は変なロボットを作る会社だったのです。だからこそ、ここまで成長したところを見るといたく感激してしまうのです。

ぼくはがちがちの文系だったので、こういった工学や理学などの学問を魔法のように考えてしまいます。ただ、こういった技術の進歩の目覚ましさを見ていると、その鮮やかな魔法の世界にあこがれを抱いてしまいます。

今からその原理を解き明かして、魔法使いになるのは厳しいでしょう。しかし、ただ世の中に魔法があることしか知らないままあと何十年か(ひょっとしたらあと何年かかもしれませんが)生きるよりは、少しでも魔法をたしなめるよう勉強して生きていきたいと思っています。

 

ではでは。

長い時間

こんにちは、トサカです。

 

こんな記事を見つけました。

wol.nikkeibp.co.jp

長時間労働には「無理くり長い時間働かされる」ものと、「自ら長時間働いてしまう」ものの二種類があるとここでは主張されます。なぜ自ら働きたがるのか?その疑問に答えるために、著者はとある論文を見つけてきます。

 

https://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/16e037.pdf

Why Do People Overwork at the Risk of Impairing Mental Health? / 早稲田大学 黒田祥子 慶應義塾大学 山本勲

勤務時間が週に55時間を越えると、人は仕事への満足感が増していく傾向にあるようです。そして、満足感が増すならそれはいいことなのでは?という問いに対し、ここでは「労働時間が長ければ長いほどメンタルが悪化する」という答えを突き付けています。

 

何らかの団体や組織に属し、その組織に対して長く働けば働くほど確かに「仕事に力を込めることができている」と思ってしまう傾向にあります。わかります。遠い距離が二人近づけてくように、長い時間が「その集団にコミットする自分」に箔をつけ、価値を高めてくれているように思えてくるのです。

ぼくは高校の時から吹奏楽を始めたのですが、わりと「圧倒的な練習量こそが上達への近道」という考え方がなかなか苦手でした。自分自身は結構長い時間拘束されてもそこそこ集中できたので、ぼくに対する風当たりはそこまで強くなかったのですが、「そうではない人」たちへの無言の圧力が結構嫌で、ちょっとその辺はどうにかしていきたいと考えながら部活に取り組んでいました。

 

mainichi.jp

吹奏楽部の長時間活動を規制する方向に動くのに対し、結構反対意見が出ています。もっとやりたい人だっているんだという発言はもっともだと思うけれど、そうではない人たちもいる。そういった人とうまいことちょうどいいところで交わるような活動こそが理想的な部活なのだろうと思います。

 

ではでは

ワールドトリガーは何を語る

葦原先生おかえりなさい!

祝!ワールドトリガー連載復活!

 

 

こんにちは、トサカです。

めでたい。とにかくめでたい。ワールドトリガーが二年の歳月を経て堂々の復活です。18巻を買ってから、この続きはどうなるのかがずっと気になっていたまま今日を迎えていました。(我慢しきれずクローニンが出てくるとこまで読んじゃったけど)ついに、ついに彼らの物語の続きを知ることができると思うと、わくわくが止まりません。

 

このマンガが好きな理由はいろいろありますが、その魅力がつまったワンシーンが「18巻 81ページ」です。

 

B級ランク戦Round6、B級チーム第三位の生駒隊、主人公の一人である修が率いる第四位の三雲隊、そして第五位の王子隊が戦略を立てて戦います。見どころと言えば、なんといっても40mという射程の長い斬撃を使う生駒隊長のド派手な攻撃をいかにかいくぐりチームを勝たせていくか!というところなのですが、先程ぼくが挙げたシーンはそこまでがっつり盛り上がるような場面ではありません。

王子隊の、まぁ少し地味な樫尾隊員が三雲隊の一員である雨取千佳をひたすら追い回します。雨取隊員は、近距離戦はそこまで脅威にならないのですが遠距離になると部隊を一つ壊滅させかねないほどの力を持っているため、なるべく他の隊員が救援に来る前に倒しておきたいと考えたのです。

しかし、間一髪三雲隊長が助けに来ます。この二人が合流して、樫尾隊員をしとめるまでの流れが非常に美しいのです。

 

樫尾隊員の放った弾を三雲隊長はガード。その一瞬で雨取隊員は「当たると重石を付けられる」弾丸を生成し、彼の陰からその弾を樫尾隊員に何発も打ち込みます。身動きが取れないまま屋根に着地した樫尾隊員に、すかさず三雲隊長は切りかかります。最後に三雲隊長に向けて樫尾隊員が放った弾は、雨取隊員が遠隔から作った盾に打ち消されてしまいました。

こうして、彼らは自身のチームの危機を乗り越えました…なんてことはなく、速攻で格上のやつがそこを狙ってくるのですが、まぁ続きが気になった方はぜひワールドトリガーを買ってください。 

 

実はこの二人、これまでも何回か連係プレーをしたことがあります。あるにはあるのですが、まぁかなり拙いものでした。

それもそのはず、そもそもこの二人には戦闘経験がないのです。三雲隊長は「戦闘能力の低さを擬人化したような人」であり、雨取隊員は「少し前までただの一般人」でした。努力と血族で何とかなるジャンプマンガにおいて、彼らは(特に三雲隊長は)残酷なほどその弱さに唇をかみしめさせられました。ぼくもマンガを読みながらかみしめてました。

 

このマンガが主題としているものは何か。

それは「努力なんてして当たり前」という、ある意味では当然の、しかしあまり声高には言われないようなことが主張されます。いろんな人から戦闘における立ち回り方を教わった三雲隊長が、次のランク戦で真っ先に標的にされ何もできずに退場してしまうのを目の当たりにして、現実とはかくも無常なものなのか…とうちひしがれました。

しかし、その戦いを見ていたA級の隊長が非常にいいことを言います。

「当たり前の鍛錬をやっていては、先を行く人間には追い付けない…。もっと具体性のある手立てを用いて、隊長としての務めを果たせ」

そう、鍛錬するのは当たり前なのです。それにプラスして何ができるかをこのマンガでは徹底的に書いている。先程挙げた二人の連携も本編では全く練習している箇所がなかったため、普通の戦いも行える成長した二人の姿を見ることができてうれしかったのを覚えています。

 

はぁ~楽しみ。また彼らとともに歩める日が来るとは…。

 

ではでは